REGISTER

What’s New

2024.04.15

登壇者情報を公開しました。

一覧へ

SPEAKERS登壇者一覧

※2024年4月16日 更新、敬称・尊称略、順不同

※登壇者、講演内容は予告なく変更になる場合がございます。
予めご了承ください。

ゴンボジャブ・ザンダンシャタル

モンゴル
国民大会議議長

ガン・キムヨン

シンガポール
貿易産業相

セター・タウィーシン

タイ
首相

レ・ミン・カイ

ベトナム
副首相

アリフィン・タスリフ

インドネシア
エネルギー鉱物資源相

朴喆煕

韓国国立外交院
院長

マハティール・ビン・モハマド

マレーシア
元首相

渡辺 哲也

ERIA(東アジア・アセアン経済研究センター)
事務総長

スー・ミ・テリー

米外交問題評議会(CFR)
シニア・フェロー

西野 純也

慶応義塾大学
教授

チャン・ワンソク

ERIA(東アジア・アセアン経済研究センター)
エコノミスト

崔泰源

SK
会長 兼 CEO

新浪 剛史

サントリーホールディングス
社長

内川 哲茂

帝人
社長

磯貝 友紀

PwC Japanグループ
リード・パートナー

杉村 美紀

上智大学
教授

キティ・プラサートスック

タマサート大学
教授

マリア・モニカ・ウィハルジャ

ISEASユソフ・イシャク研究所
客員研究員

古賀 慶

南洋理工大学
准教授

アンジェリン・タン

マレーシア戦略国際問題研究所
アナリスト

ロムイェン・コーサイカノン

東南アジア教育大臣機構
高等教育開発センター長

イクバル・ムスリミン

エバモス
共同創業者

揺れる世界と
アジアの
リーダーシップ

ロシアによるウクライナ侵攻に続き、中東危機が勃発。世界は混迷の度合いを一層深めています。
さらに2024年は米国やアジア各地で大型選挙が相次ぎ、世界人口の半分にあたる40億人以上が民意を発信。
変わりゆく世界でアジアが果たすべき役割などを各国・地域のリーダーが議論します。

日経フォーラム
アジアの未来とは

「アジアの未来」は、アジア大洋州地域の政治、経済、学界のリーダーらが域内のさまざまな問題や世界の中でのアジアの役割などについて率直に意見を交換し合う国際会議です。
日本経済新聞社が1995年から毎年主催しておりアジアで最も重要な国際会議の一つに数えられています。

日時
2024年5月23日(木)、24日(金)
開催場所
東京都内
(会場は来場パスの購入者にご通知申し上げます)
主催
日本経済新聞社
協賛
野村ホールディングス PwC フマキラー
アカデミックパートナー
上智大学
後援
日本アセアンセンター
オフィシャルメディア
Nikkei Asia
メディアパートナー
フィナンシャル・タイムズ(英国)、第一財経(中国)、人民日報(中国)、ヒンドゥスタン・タイムズ(インド)、 コンパス(インドネシア)、中央日報(韓国)、毎日経済新聞(韓国)、ニュー・ストレーツ・タイムズ(マレーシア)、 CNBCアジアパシフィック(シンガポール)、ストレーツ・タイムズ(シンガポール)、 バンコク・ポスト(タイ)、ベトナム国営通信(ベトナム)
お問い合わせ
日経フォーラム 第29回「アジアの未来」事務局
reg_foa2024@creative-net.co.jp
報道取材について
取材には事前登録と主催者の許可が必要です。
日経フォーラム 第29回「アジアの未来」事務局プレスデスク
press_foa2024@creative-net.co.jp までお問い合わせください。
主催
協賛※順不同
アカデミックパートナー

受講料金

来場パス

JPY69,800-(税込)
※先着100名

  • 会場での受講

    両日ともに受講可能
    ※日英同時通訳あり

  • ライブ配信のオンライン視聴

    両日ともに受講可能
    ※日英同時通訳あり

  • アーカイブ配信のオンライン視聴

    2024年11月末まで

  • 昼食

    ビュッフェスタイル

  • 「アジアの未来」定例セミナーシリーズへの参加

    年4回の定例セミナーシリーズを無料で聴講することができます。
    事前申込が必要です。⇒詳細はこちら

  • Nikkei Asia 一年間購読

    ※申込完了後、メールでご案内申し上げます。(申込時期により4月末頃又は5月下旬予定)

お申し込みはこちら
オンラインパス

無料※要登録

今回の日経フォーラム「アジアの未来」は特別にオンライン視聴を無料にいたします。アジアの政治・経済に関する最新情報は激動期にある世界情勢を読み解くヒントになるはずです。今まで以上に多くの方々に「アジアの未来」でしか得られない最先端の情報に触れ、ビジネスシーンや研究活動などで幅広くご活用いただければ幸いです。是非ともこのチャンスを逃されぬようお願いいたします。

  • ライブ配信のオンライン視聴

    両日ともに受講可能
    ※日英同時通訳あり

お申し込みはこちら

AGENDA

決まり次第掲載致します。

会場の様子

こんな方に
ご受講をおすすめします

アジア展開している
企業の経営幹部・駐在員候補者

受講者の42.2%が経営者層
昨年の受講者の声

アジア情勢を把握しておきたい
ビジネスパーソン

幅広い産業からの注目
定例セミナーで各国の
"今"を専門家と深掘り

アジア政治研究を専門にされる
学術研究者・アナリスト

参加者の約17.3%は
教育・研究機関所属
講演テーマは
政治、経済から文化まで